MENU

 たしかに景色とかはとても奇麗だと思うし、開発をされていませんから自然がそのまま残っているって感じかもしれません。
その所為か観光に来る方もいる土地柄ではあります。
風光明媚という言葉がぴったりなのかもしれませんが、それは観光に来た方が喜ぶ部分じゃないかって思います。
実際に北海道の離島である礼文島で生まれ育った私にとって、ここはなにもない場所という以外に方法がありません。
学校こそあるものの、それでは遊ぶ場所があるのか?と言えばありません。
映画館なんて北海道のかなり遠くに行かなければありません。
カラオケに行くとなると、隣の利尻島まで出かけなくてはなりません。
コンビニだってたった1つ、そこでアルバイトをやっています。
実際に生活をするとなると、とても不便だと思ってしまう場所なのです。
だから、この環境から脱出したいっていう気持ちばかり持っていたんです。
できれば北海道でもとても開発されている、札幌だとか旭川あたりで生活ができたらどんなに素晴らしいだろうかって気がしています。
あの辺だったら大都会だから何でもあるんです。
建物だってたくさんあるし、遊ぶ場所だってあるし、人間だって多いし、楽しい毎日を送れそうなそんなイメージしか持てませんでした。
だからアルバイトを貯めて一人暮らしの資金として活用しようと思っていたのですが、毎月頑張って仕事をしても10万円程度の収入。
この中から貯蓄をするとしても、その金額はたかが知れてしまっているのです。
だから一人暮らしに向けてなかなかスタートを切ることができませんでした。

なかなか進まない一人暮らし、だから焦りまで感じるようになってしまいました。
一刻も早く華やかな大都市での生活を楽しみたいのに、それは夢のまた夢って状態だったのです。
私にたくさんのお金があればなと、想像ばかりしていました。
そして、お金持ちのパパと知り合えたら…こんな考えに行き着いたのでした。